肌のセラミドを自力で増やす方法まとめ

内側美容で乾燥肌を自力で治す!肌内部のセラミドは化粧品を使わなくても問題ない

妊娠中こそ内側美容が大事

time 2016/06/22

女性として一番お肌が荒れやすくなる可能性が高いのが妊娠中です。その時期の母親は肉体的にも、精神的にもデリケートな時期です。なにより栄養をお腹にいる赤ちゃんに譲っているからです。だからこそ気をつけておくのが、妊娠中でも美容の意識を忘れないことです。体を内側から健康にすることは自分自身の精神も落ちつき赤ちゃんにもその感じは伝わります。

妊娠すると変わる体の変化

妊娠をすると、ホルモンバランスが崩れます。赤ちゃんに栄養が偏るため、その時期は肌が乾燥しやすかったり、シミやそばかすに悩むことがあります。また、脂性肌の人は余計に皮脂が分泌が多くなりニキビができやすくなります。

水分と栄養が不足する

妊娠すると赤ちゃんが正常に育つように、子宮に体中の水分を集めて羊水や胎盤を作るために使われます。それにより、母親の体には水分不足になります。また、摂取した栄養直接赤ちゃんのもとへ行ってしまうため、母親自体は栄養不足になります。そういった場合に肌に直接現れてきます。

妊娠中は睡眠不足になる

お腹が大きくなってしまった母親は、熟睡することが難しくなります。子宮が大きくなると膀胱を圧迫してトイレが近くなります。また、赤ちゃんが動き出してしまったり些細なことでも過敏に反応してしまい思ったように寝ることができません。

妊娠中こそ栄養に気をつける

栄養不足が赤ちゃんの成長や自分の体に対しての影響が顕著にあらわれてきます。内側美容の基本としては、食事から赤ちゃんの分と、最低限の自分に必要な栄養を確保することです。それでも、また乾燥肌が気になるのであれば、化粧品を使って乾燥を防ぐことも一つの手段です。美しく保つことも大事になります。しかし、一番は食事なのでどうしても十分な食事を摂取できている人にしかあまりオススメはできません。妊娠する前から食事を気を使った生活をしていれば困ることはありません。日々の食生活が将来できる赤ちゃんのための準備期間なのかもしれません。